転職に有利な英語の資格とは?英語を使って仕事したい方必見!

 

  • 英語を使った仕事がしたいけど、どうすればいい?
  • 海外で仕事してみたいなぁ・・・
  • 英語を使った仕事に転職したい!

 

 

今、このように考えている方もいるのではないでしょうか。

 

かつての私は「英語が好きだけど、そこまで力はないかな・・・」という、モヤモヤを抱えて生活していました。

 

何かに夢中になりたくて英語を始めると、それがなんだか楽しくなって・・・TOEICで900点を取ったことで、自分の英語に自信を持つことができています。

 

いずれはせっかく勉強したこの英語力を生かした仕事に就けるといいなとも考えています。

 

もし、あなたが私のように「英語で仕事がしたい、海外で働きたい」と思っているのなら、ぜひ一歩踏み出してほしいです。

 

まずは英会話を学びながら資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

資格は、みなさんの英語力を証明してくれる転職の大きな武器になります。

 

英語を使って、世界で活躍する夢を実現させませんか?

 

【転職に有利な英語の資格】まずはこれ!TOEICと英検

 

英語の資格といえばTOEIC英検が真っ先に浮かぶほど知名度抜群の資格です。

英語力の証明に最もよく使われる資格であると言えます。

 

ひろみ
私が挑戦したのもTOEICでした!!

 

特に企業では国内、外資共にTOEICのスコアを重視する傾向があります。

つまり英語を使った仕事がしたい場合、TOEICで高得点を保持している方が有利です。

 

しかし、TOEICは「聞く・読む」に特化したがテストが一般的なので、高得点保持者でも実は英会話ができないという人も多いです。

「話す・書く」に特化したTOEICのテストもあるのですがまだまだ一般に浸透していないので、企業によっては評価されない可能性もあります。

 

そんな不安がある場合は、英検も同時に受けることを検討しましょう。

英検は3級以上から筆記試験に合格後、英語によるスピーキングのテストがあり、級が上がるほど高度な会話ができるという証明となります。

 

TOEIC800点以上、英検準1級以上あれば英語で「聞く・読む・話す・書く」能力があるとしっかり照明できます。

希望通りの転職を実現するためにも、まずはここを目指してみてはいかがでしょうか。

 

こちらではTOEICと英検について詳しく解説しています。ぜひご参照下さい。

TOEICと英検、どっちを受ければいい?点数の違いは?

2020年3月29日

 

 

【転職に有利な英語の資格】海外赴任も視野に入れた資格 「IELTS」と「Linguaskill Business」

 

TOEICや英検で、英語力をアピールすることができます。

しかし、海外で働くことを視野に入れて転職するのであれば、もうワンランク上の国際資格を取得しておくとより有利になります。

 

これから紹介する2つの資格はTOEICよりも難易度が高いとされているので、取得できれば転職でも高評価間違いなしですよ。

 

海外赴任も視野に入れた資格
  • IELTS
  • Linguaskill Business(旧BULATS)

 

IELIS(アイエルツ)

 

IELTSとは世界最大級の英語運用能力評価テストです。

140ヵ国、1万以上の機関が採用している、世界的に通用する資格です。

 

日本での知名度はTOEICに劣りますが、世界的にはIELTSの方が知名度・評価共に高いんですよ。

 

IELTSには「アカデミック・モジュール」と「ジェネラル・トレーニング・モジュール」の2種類があります。

 

アカデミック・モジュール

受験生の英語力が、英語で授業を行う大学や大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するものです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの大学や大学院では、アカデミック・モジュールでの試験結果が入学許可の判断の基準となっています。 一般的に、大学や大学院において英語で学びたい方や、英語圏での看護師や医師登録申請をする方は、このアカデミック・モジュールでの結果が必要です。

引用:IELTS公式HP

 

ジェネラル・トレーニング・モジュール

英語圏で学業以外の研修を考えている方や、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をされる方は、ジェネラル・トレーニング・モジュールを受験することが一般的です。

引用:IELTS公式HP

 

自分の目標に合う方を選ぶといいですね!

 

試験は「リスニング」「リーディング」「ライティング」「スピーキング」の4つパートに分かれています。

つまりIELTS一つで総合的な英語力の評価が得られるということになります。

 

IELTSは点数ではなく、各パートごとに0~9まで0.5刻みで評価さる「バンドスコア」とすべての総合評価である「オーバーオールバンドスコア」で表されます。

オーバーオールバンドスコア6.0あれば国際的に活躍できる英語力があると判断されます

 

こちらはバンドスコアの解釈について説明したものです。

 

引用:IELTS公式HP(PDF)

 

スコア6.0はTOEIC800点以上に相当です。

ちなみに7.0はTOEIC990点(満点)に相当し、TOEIC満点の人でもIELTS7.0を以上を取るのは難しいとされています。

 

難しいテストですが勉強することによって、英語を使って仕事や生活するために必要な英語力を伸ばすことができます。

またそれだけではなく、世界基準の点数で英語力を示すこともできるので転職にも有利!

英語の資格を取ろうと考えている人であれば、チャレンジする価値があります!

 

IELTSのことをもっと知りたいという方はこちらもどうぞ。

英語の資格試験IELTS(アイエルツ)とは?試験内容を徹底解説!

2020年4月20日

 

Linguaskill Business(リンガスキル ビジネス・旧BULATS)

 

Linguaskill Business(旧BULATS)は特にビジネスシーンに特化した英語力を測るテストです。

日本ではIELTS以上に知名度は低いかもしれませんね。

 

しかしこのテストは50ヵ国の企業・団体で採用時の評価対象として取り入れられおり、国際的な評価は高いんです。

なんとあの「Disney」や「Hilton Hotel」にも採用された実績があるんですよ。

 

外資系企業への転職を目指している読者様には特におすすめの資格です。

 

「Linguaskill Busness」は「読む・聞く・読む・話す」の4技能がテスト対象になっており、総合的な英語力が必要とされます。

多様な職種に対応できる英語力を測るテストであるだけではなく、国際基準である「CEFR」での評価もされるので、自分自身の英語力を国際的な基準で知ることもできるんです。

 

CEFRの評価は以下の表のようになっています。

引用:英語4技能試験情報サイト

 

ちなみに日本の大手企業企業である「三井住友物産」は、B2以上の取得を海外赴任の条件としているそうです。

 

テストはオンライン形式で「Reading&Listening」「Speaking」「Writing」の3つがあり、1つだけでも組み合わせても受験することが出来ます。

Reading & Listening test:2,900円

speaking test:6,900円

writing test:3,900円

※Reading & Listening Testと一緒にSpeaking Test またはWriting Testのお申し込みをしていただいた場合、 下記割引を適用させていただきます。

Reading & Listening + Speaking = 8,900円 (900円割引)

Reading & Listening + Writing = 5,900円 (900円割引)

Reading & Listening + Speaking + Writing = 11,900円 (1,800円割引)

引用:Linguaskill Busness公式HP

 

テストの結果は最短3営業日で通知されるのですぐに結果を知ることができるのも魅力的です。

ちなみにテストは個人受験の場合、公開会場と一部の販売代理店で受験することができます。

 

日本ではまだまだ知名度が低いうちに取得して、周りと差をつけちゃいましょう。

 

転職に有利な英語の資格を取って、世界で活躍しよう!

 

転職が有利になる、世界的に活躍できる英語の資格についてご紹介してきました。

 

最後になりますが、みなさんは英語を使ったどんな仕事を希望しているのでしょうか?

「英語を使った仕事がしたい」という気持ちは大事ですが、漠然としたままでは夢を叶えるための転職は難しいかもしれません。

 

転職を成功させるには「何がしたくて転職するのか、転職を成功させるためにどんなことをしたのか」がアピールできなければなりません

英語を使って具体的に何がしたいか、何になりたいかをしっかり考えておきましょう。

 

社会人経験があり、具体的な将来像をイメージして努力したエピソードがある人は会社にとって非常に魅力的です。

 

ひろみ
資格も大切ですが、転職の武器になるのはそれだけじゃありません

 

前職で得た経験やスキル、資格取得に至ったエピソードや費やした努力、転職への熱意も大切だということを忘れないで下さいね。

 

夢に向かって頑張った先に「なりたい自分」が待っています

 

あなたの夢が叶うよう心からお祈りしています。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

ひろみ
ここはじ!英語生活ブログでは、

英検・TOEICを中心に英語の資格検定試験についての情報を発信しています!

あなたの勉強法や試験の体験談も記事にしてみませんか?

☆私たちと一緒に記事を書いてみたいというライターも募集中☆

 

聞きたいことや・もっと詳しく知りたいことなどは

ラインやコメント、お問い合わせからお気軽にどうぞ!

★LINE友だち追加はこちらから★

友だち追加

2 件のコメント

  • ケンブリッジ大学英語検定機構 日本統括オフィス 篠原と申します。
    この度は、弊機構のオンライン英語4技能テスト「Linguaskillビジネス」をご紹介いただき誠に有難うございます。
    受検の際のリモート試験監督オプションや、オンラインによる受検対策コースも新たに整備されておりますので、何卒ご活用のほどお願い申し上げます。

    • コメント、ありがとうございます。
      本サイトのライターえみの娘さん(アヤカちゃん)が来年夏にケンブリッジ英検の受験を検討しているそうです。
      受験した際は体験記を記事にすることも検討中ですので、こちらこそよろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ここはじ!管理人のひろみです。 大学生の時に英検準1級、TOEIC645点を取っていたものの、英語を生かすことのない職場に就職し、その後、結婚。子どもたちが大きくなり、また受験してみようという気になりました。 でも、実際にTOEICを受けてみると440点・・・。 このままじゃ学生時代の自分に負けたような気がして悔しくて、今TOEIC絶賛勉強中です!