TOEICと英検、どっちを受ければいい?点数の違いは?

 

  • 中学校と高校で英検を受験してたけど、意味あったのかな?
  • TOEICは受けた方がいいの?
  • そもそもこの2つの違いってなに?

 

英語の検定や資格って、たくさんありすぎて、結局何を受ければいいのか良く分からないですよね…

 

ちなみに私は、高校生から英検を受け始め、大学で準一級に合格!

 

一級はもう無理だろうとTOEICも受け始めました。

 

「資格を持っている方が就職に有利だろう」と浅はかな考え・・・。

 

実際、英検とTOEICってどっちを受ければいいのか・・・みなさんも迷ったことあるんじゃないでしょうか?

 

そんなみなさんに、今回は英語の検定の中でも二大人気をほこる英検とTOEICを徹底比較してみたのでご紹介いたします♪

 

はじめに、まずはそれぞれの検定内容を一緒に確認しましょう♪

 

 

TOEICを受けた方がいい?

 

引用:TOEIC公式サイト

 

TOEIC Listening & Reading test

TOEIC Speaking & Writing tests

TOEIC Speaking test

TOEIC Bridge Listening & Reading Tests

TOEIC Bridge Speaking & Writing Tests

 

実は、TOEICと言ってもこれだけ種類があるんです。その中でも、一番受講者が多く主流なのが、「聞く、読む」の2技能を検定した TOEIC Listening & Reading test です。

 

受験内容 ビジネスシーンを中心とした日常会話
評価技能 「読む」「聞く」の2技能
評価 10~990点 5点刻みのスコア制
試験時間 120分 ( リスニング:45分 リーディング:75分 )
問題構成 200問 ( 各100問 )
回答方法 マークシートでの多岐選択
受験料 5,725円
開催数(年間) 10回

 

ママ友
120分で200問.. 大半が読み取りなのに平均1問36秒で解かなきゃいけないの?

 

ひろみ
かなりハードだよね・・・。この問題量は英語資格の中で断トツで多いのよ!

 

次に、そんなTOEICの特徴を書き出してみました♪

 

TOEIC まとめ

・出題内容はビジネスシーンを中心とした日常会話 そのため、TOEICスコアは就職や昇格の水準とされていることが多く「社会人英語資格」と言える。

 

・全受験者がスコア制で評価されるため、自分のレベルを客観的に知ることができる

 

・評価の信頼性を高めるため、問題数が他英語資格の中で飛びぬけて多く、読解力を含めた回答スピードが必要

 

Speaking/Writingは含まれないので、高得点だと英語力がある、とは一概には言えない。

 

マークシートなので、分からなくても正解してしまう事もあり実力評価と異なる場合もある。

 

続いて、英検も見ていきましょう!

 

英検を受けた方がいい?

 

 

引用:英検公式サイト

 

国内では一番メジャーな英語資格と言える実用英語技能検定、通称:英検

 

中学生や高校生の時、ほとんどの人が1度は受けたことあるんじゃないのでしょうか?

 

受験内容 日常会話から、政治・経済・文化等 幅広いテーマ
評価技能 「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能
評価 5級~1級までの7段階 ( 準2級、準1級を含む )
試験時間 級によって変動
問題構成
5級、4級 筆記、リスニング、録音形式のスピーキング
3級~1級 筆記、リスニング、面接
回答方法 マークシート、記述
受験料 級によって変動 ( 2000円~9500円 )
開催数(年間) 3回

 

ママ友
面接って?英語に対する意気込み!!みたいなの?(笑)

 

ひろみ
そうだといいんだけど…(笑) 英語を使った2分間のスピーチや、質疑応答があるのよ

聞くだけで難しそうに感じるよね

 

それでは、英検の特徴をまとめましょう♪

 

英検 まとめ

・中高の指導要領に沿って問題作成されていることから「学生英語資格」と言える。

 

・高い級を取得している人は、大学入試で優遇されたり内申点獲得にもつながる

 

・5級、4級は中学生レベルの内容になっているので、資格として取っていてもあまり役には立たない

 

・受験料が級が上がると同時に高くなっていき最大9500円とかなり高額なため、安易にチャレンジできない

 

・年に3回しか開催されないので、受けたい!と思ってすぐ受けられない

 

ひろみ

TOEICと英検。それぞれの特徴はなんとなくつかめましたか?

同じ英語検定でも、それぞれ違いがたくさんありましたね!

 

TOEIC/英検 比較

では、TOEICと英検を比較してみましょう。

点数と問題内容を比較してみました!

 

点数比較

英検 TOEICスコア   レベル
5級 300点以上 中学初級 履修 ほとんどの中学生がクリアできるレベル
4級 400点以上 中学中級 履修 簡単な文章であれば読み取ることができる
3級 500点以上 中学上級 履修 簡単な言い回しであれば伝えたいことを文章化できるレベル
準2級 600点以上 高校中級 履修 就職や入試などで要件とされていることが多いレベル
2級 700点以上 高校上級 履修 英語の基礎がほとんどついているレベル
準1級 800点以上 大学中級相当

日常生活でほとんど問題なく英語が使えるレベル

※英語教師として教育機関に就職する際も考慮される(英検)

1級 900以上 大学上級相当

特殊な分野の記述や会話もほとんど理解できるレベル

※通訳ガイド試験では英語筆記試験が免除される(英検)

 

ひろみ
こちらの表はあくまでも目安です。だいたい、こんな感じか~と思ってください♪

 

実際に、TOEIC900=英検1級と表記していますが、TOEIC900保持者でも合格が難しいほど英検1級は難しいテストになっています

 

ただ、TOEIC500/英検3級までは就職や進学時には、ほとんど役には立たない、といった点は同じと言えますね!

 

問題内容比較

ビジネスシーンを中心としたTOEICに対し、幅広いテーマを問題化した英検。

 

『テーマが絞られているTOEICのほうが、圧倒的に点数取りやすいんじゃないの?』

 

一理あります。ただ、TOEICは問題用紙の持ち帰りは禁止されていますし過去問も公開されていません!

 

対して英検は、問題用紙は持ち帰れるし、過去3回分の試験問題が公式サイトから確認できるので、英検のほうが試験対策はしやすいですし、ある程度の問題も予想できます。

 

TOEICのリーディングはかなりの長文で制限時間も短く難しいですし、英検にはTOEICにはない英作文、面接があります。

 

なので、一概にどちらが難しいとは言えませんが、4技能での英語力を求められる英検のほうがより知識は必要だと感じます

 

結局、どっちを受けるのが良いの?

実際には、どちらも大きな差はありません。

 

目的がなく、とにかく英語力を確かめたい!というのであれば英検、TOEICどちらを受けても問題ありません。

 

目的やゴールがあるのであれば、次を参考にしてみてください♪

 

就職や昇進時にアピールできるのは英検?TOEIC?

TOEICです。ビジネスシーンを中心とした問題構成になっているため、ほとんどの企業や団体がTOEICを英語力の指標として評価しています。

 

特に上場企業においては、TOEICのスコアを異動・昇進・昇格の要件としている場合もあります。

 

こちらの記事ではTOEICの点数について詳しく解説しています。

英語力のアピールができるのは何点からだと思いますか?

TOEIC600点以下はアピール不可?!点数別レベルまとめ

2020年4月10日

 

進学や内申点を上げれるのは英検?TOEIC?

英検です。冒頭でもご紹介したように、英検は中高の英語指導要領に沿って問題作成されていますし、また、文部科学省のサポートもあるため、一般的に進学やセンター試験、内申点にも考慮されます。

 

また、大学によっては英語試験が免除される場合もあるので、むしろ、学生は1度挑戦すべき検定です。

 

英語力をつけるなら?

英検です。TOEICと比べて範囲も圧倒的に広く、「話す、書く」を含めた4技能全てが検定対象になるため、勉強しながらも 英語力がしっかりついている実感が付くと思います。

 

また、特に2級以上は 社会的テーマとして政治経済、科学などを盛り込んだ特定分野の英文も出題されるため、過去問などをくりかえし解けば自然と身についてきます。

 

TOEICと英検、どっちを受ければいい?点数の違いは?のまとめ

 

結論から言うと、やはり、両方とも受験するのが一番です!

 

英検は、英語を通じて新しい分野の知識をつけることが出来ますし、TOEICは、高得点であればどこでも通用する自分の強みになります。

 

 

ぜひ迷っている方はチャレンジしてみてください!

 

 

英語の資格はTOEICと英検だけではありません。

他の資格が気になるという方はこちらをご覧くださいね!

英語の資格でおすすめは?目的別に比較検討してみよう!!

2020年4月23日

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

 

ひろみ
ここはじ!英語生活ブログでは、

英検・TOEICを中心に英語の資格検定試験についての情報を発信しています!

あなたの勉強法や試験の体験談も記事にしてみませんか?

☆私たちと一緒に記事を書いてみたいというライターも募集中☆

 

聞きたいことや・もっと詳しく知りたいことなどは

ラインやコメント、お問い合わせからお気軽にどうぞ!

★LINE友だち追加はこちらから★

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ここはじ!管理人のひろみです。 大学生の時に英検準1級、TOEIC645点を取っていたものの、英語を生かすことのない職場に就職し、その後、結婚。子どもたちが大きくなり、また受験してみようという気になりました。 でも、実際にTOEICを受けてみると440点・・・。 このままじゃ学生時代の自分に負けたような気がして悔しくて、今TOEIC絶賛勉強中です!