【超短期でも効率よく!】1か月でTOEICスコアをアップする方法

 

  • TOEICの点数をあげたい!
  • 試験が迫ってるから、早くスコアを上げる方法を知りたい!
  • このままじゃやばいかも・・・?

 

就職活動やスキルアップ、昇進の条件としてもスコアが重視されるTOEIC。

しかし!社会人になると、勉強する時間をたっぷりとるなんて難しいですよね。

 

きっと、この記事にたどり着いた方は・・・・

効率よく!手っ取り早く!スコアを上げる方がないかと探しているのではないでしょうか?

 

 

そんなあなたの為に、1か月でTOEICの点数を格段に上げる方法を伝授します!!

 

これを読めば、TOEICのスコアアップ間違いなしですよ~♪

 

 

TOEICを短期間でスコアアップするための心得とは?

 

勉強法に入る前に心得からです。

 

ママ友
なんで心得が必要なの?
早く勉強法を教えてほしいんだけど・・・?

 

ひろみ
気持ちは分かるけど・・・

心得を理解しておかないと短期間でのスコアアップはとっても難しくなるから、まず読んでおいてね!

 

心得と言っても、たった2点だけ!

今から紹介する2点を把握するだけでもスコアアップは夢ではありません!!

 

①時間配分を気にして勉強しよう!

 

今までTOEICを受けた方なら分かるかと思いますが、一番の悩みが

「時間が足りない」

ということです。

 

時間が足りないのはすごくもったいないことです。

TOEICには簡単な問題から難しい問題まで、難易度の違う問題が全体に散りばめられています。

なので、得点できる問題を見落としている可能性です。

 

またどの分野から解くかでも、得点アップが望めます。

 

例えば、文法よりもリーディングが得意な方でしたら先にPart7を解くことをおすすめします。

逆に問題をやり忘れるのが怖い方は文法を早く終わらせましょう!

そして最後までリーディングに力を注ぎたい方はPart5から順にやっていきましょう。

 

今から試験までの1か月の間でいろんなパターンを試してみましょう!

 

そこで受ける前に全体の時間配分をしっかり考えておくことをおすすめします。

 

私が実際に受けてみて、おススメの時間配分はこちら!!↓

Part5 10分
Part6 10分
Part7 55分

 

ひろみ
私はなるべくPart7に時間をかけたい派だったので、こんな時間配分がぴったりでした。

 

 

②毎日英語に触れる努力をしよう!

 

今まで英語に触れてこなかった人や久しぶりに勉強する人にとって、英語脳への変換は、英語が出来ていた頃や成長していく今後に比べて遅いです。

 

そのため、英語を生活の一部にしてしまいましょう!

 

入り口として、スマートフォンを日本語表示から英語表示にすることをオススメします!

映画では「洋画」を、音楽では「洋楽」を生活の一部にするのも良いですね!

 

最近では「Amazon プライム」や「Net Flix」を見ている方が増えていますよね。

少しだけお金をかけることで生活の一部にできます。

自分への投資として考えてみてくださいね。

 

 

また、近年ではYouTubeで英語を紹介している日本人も増えています。

 

英語圏の方の動画もたくさんあるので、面白い動画と共に英語を聞くことができます。

日本語翻訳付きで見るのもいいですよ!

 

内容が理解できたら、「字幕なし」で見てみましょう。

最初はスピードについて行けないことも多くあるでしょう・・・

でも気が付いた時には、ある程度単語を聞き取れていますよ!

 

ひろみ
何回も同じものを見ると、内容が分かるので英語も頭に入ってきやすいですよ!

 

 

何よりまずは英語を勉強するぞ!という意識を継続してみてください。

 

 

 

TOEICを短期間でスキルアップする方法とは?

 

いよいよ本題の勉強法です。

先ほど読んでいただいた「心得」を踏まえて読むと理解が深まりますよ。

これから4点重要なポイントを説明しますのでぜひ参考にしてくださいね!!

 

①教材を絞る

 

1か月は本当に短いです。

なので何個も教材をこなすのは不可能ですし、どれにしよう?と考える時間がもったいないです。

 

そこで私が超短期での勉強におススメするのは、「模試」や「過去問」のような実際のテスト形式である教材を使うことです。

 

私がおススメする教材はこちら

 

<至高の試験600問>

 

至高の模試おススメポイント

3回分の模試が入っている
解説が詳しいから復習しやすい
音声がCD版とダウンロード版の二種類ある

 

この教材には模試が入っているため、1か月の超短期間のほうが力を発揮します。

また、ひとつの教材でいろんな活用の仕方も出来ますよ。

 

模試で実際の時間配分を練習してみることもできますね!

 

特にリスニングの対策をしたい!という方はこちらの記事を参考にしてみて下さい!

私がオススメしたい参考書を6冊厳選して紹介していますよ!

【TOEIC参考書】おすすめ厳選6冊!リスニングはこれで完璧!

2020年4月17日

 

リーディングが不安という方には、こちらの記事がオススメです。

この記事を読めば、多くの人が悩む時間切れ問題を解決できますよ!

TOEICの時間がない原因と時間内に解く方法を教えます!

2020年4月18日

 

②時間を計る

 

これは心得でも説明しましたが、作戦を練るだけではなく実践して慣れることが大事です。

 

最初は2時間ほどのテスト自体に飽きを感じてしまうかもしれません。

しかし、体が慣れてくれば集中力がついてきます。

 

実践のように時間を計りながら解くと、英語力の伸びだけでなく集中力による点数アップも望めます。

 

③復習を重視する

 

復習は特に重要であり、勉強の要となります!

 

そして復習には、模試をやった時間の数倍時間をかけましょう

復習なしには勉強したとは言えないほど大事な工程です。

 

具体的な方法はこちらです。

 

ステップ
①丸付け

②なぜ間違えたのか原因を明確にする

③リスニングならもう一度音源を聞く・リーディングなら精読する

④分からなかった単語や構文を覚える

 

やってみると結構疲れます。

しかし成績アップの効果も大きいです。

 

なぜこれが正解か、確かな理由を知ることでどんな変化球の問題が来ても怖くなくなりますよ!

 

④何回も繰り返す

 

せっかく復習しても再びやる機会を作らなければ意味がありません。

記憶は確認したり再びやることで定着することは有名ですよね!

答えを覚えてしまって意味がないのでは?と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

ひろみ
しかし、覚えるくらいやることが大事だと私は思っています。

 

覚えてしまってもなぜその答えになるのかという工程を考えてください

このように考える癖付けを、繰り返し解く3回目までにやりましょう。

 

 

TOEICを短期間でスコアアップする方法まとめ

 

今まで1か月という超短期間でスコアアップを目指す方へ、心得と方法をお話してきました。

お仕事や学校、ほかにやることがあってなかなか時間が取れない方もいるかもしれません。

 

しかし、たった1か月だけしっかり英語と向き合う時間を取ってみてください

 

向き合ってみると英語力が付いてくる感覚が分かってきます。

そして、分かったときの快感はたまらないです!!

ぜひこの方法をやってみてスコアアップへ近道で進んでみましょう!

 

 

1か月やってみたけど、やっぱり時間が短すぎた・・・

そんな方は次の試験に向けてしっかり対策を練りましょう。

こちらの記事では、TOEICの試験対策を3つのステップで紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね!

TOEIC対策の3ステップ!どのくらい時間をかけて勉強しよう!?

2020年4月19日

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

 

 

ひろみ
ここはじ!英語生活ブログでは、

英検・TOEICを中心に英語の資格検定試験についての情報を発信しています!

あなたの勉強法や試験の体験談も記事にしてみませんか?

☆私たちと一緒に記事を書いてみたいというライターも募集中☆

 

聞きたいことや・もっと詳しく知りたいことなどは

ラインやコメント、お問い合わせからお気軽にどうぞ!

★LINE友だち追加はこちらから★

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ここはじ!管理人のひろみです。 大学生の時に英検準1級、TOEIC645点を取っていたものの、英語を生かすことのない職場に就職し、その後、結婚。子どもたちが大きくなり、また受験してみようという気になりました。 でも、実際にTOEICを受けてみると440点・・・。 このままじゃ学生時代の自分に負けたような気がして悔しくて、今TOEIC絶賛勉強中です!